よくあるお問い合わせ (FAQ)

Twilioアカウント削除時や解約時に消える情報・残る情報は何ですか?

Twilioにサインアップする際、Twilioシステムは利用者を一意に識別する「ユーザー」を作成します。このユーザーは、メールアドレスとパスワードで識別します。

同時に最初のTwilioプロジェクトが作られます。プロジェクトは、Account SID と AuthToken のペアで識別します。

■Twilioの利用を辞める際(解約する際)に残る情報

お問い合わせフォームより解約の旨を頂くことで、お手続きします。この時、Account SID とメールアドレスの組み合わせをご連絡頂き、この Account SID を弊社にてクローズします。1つしかプロジェクトをお持ちでない方はここで事実上、Twilioの利用が停止します(Twilio利用には、必ず Account SIDが最低1つ必要です)。

この時、当サービスは、

・録音、ビデオの内容、メッセージ BODY を 30 日後に削除
ポイント購入履歴などの請求記録等を通常 7 年保存

します。これらはサービス事業主として保全するデータであるため依頼があっても上記期間は削除できません。

なお、アカウントをクローズしても一定期間ユーザー情報は残るためコンソールへのログインは可能です。プロジェクトへのアクセスはできません。

 

詳細は、プライバシーポリシーをご確認ください。

- https://www.twilio.com/ja/legal/privacy

- カスタマー・アカウント・データ保存期間

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。