よくあるお問い合わせ (FAQ)

突然アカウントがサスペンドされた

ご利用のTwilioアカウントがサスペンドされるケースはいくつか御座います。主な理由は以下の通りです。

・ポイント残高が無くなった
・利用規約に反するご利用(またはその疑いがあるご利用) があった
・不正利用監視システムによりサスペンドした
・取引時確認の手続きを行っていない

 

■ ポイント残高が無くなった

管理コンソールにてポイントをチャージしていただくことによりサスペンドが解除されます。

https://cloudapi.kddi-web.com/

 

■ 利用規約に反するご利用(またはその疑いがあるご利用) があった

利用規約をご確認いただき、弊社までご連絡ください。

https://cloudapi.kddi-web.com/legal

 

■ 不正利用監視システムによりサスペンドした

正常なご利用にも関わらず、Twilioが蓄積している過去の不正利用のパターンに合致または似ている場合、安全対策としてアカウントをサスペンドしてしまうことがございます。これは、Twilioが電話網と接続(SMSを含む)を行っているサービスであるため、検知基準を厳しく設定していることに起因します。

電話網を使うサービスは、各キャリアとも迷惑行為について厳しい基準を持っており、このような活動があると接続全体を拒否することが珍しくありません。このような接続拒否があると、他のお客様のサービスも止まってしまうため、これを防ぐために不正利用監視システムの検知基準をシビアにしております。例としては、一度に大量に電話番号を取得したり、またリリースしたり、クレジットカード番号を連続して誤る等が検知されやすい内容です。

正常なご利用を行っているにも関わらず、アカウントがサスペンドされてしまった場合にはご迷惑をお掛けいたしますが、下記をお客様からヒアリングさせていただき、確認の上でアカウントを再開させていただくお手続きをさせていただきます。このような場合は、Twilio社から届いたサスペンドメールに直接ご返信いただくか、下記お問い合わせフォームより弊社までご連絡ください。

→ お問い合わせフォーム

※フォームの項目を全てご入力の他、内容欄に下記をご記入ください。

・アカウントがサスペンドされた旨
・サスペンドされたアカウントの Account SID
・ログイン時のメールアドレス
・アカウントにご登録の氏名 (フルネームを日本語と英語表記でお願いします)
・企業名 (個人経営の場合はその旨) とご連絡先電話番号 (企業名は日本語と英語表記でお願いします)
・サスペンドの直前で行われた Twilio の操作や API リクエスト等の詳細
・Twilio をご活用頂いているサービスの概要とサイト URL
  (公開サービスではない場合、ご活用方法や使途をご記入ください)
・複数のメールアドレスで Twilio のアカウントを作成している場合は、その全てのメールアドレス
・Twilio社から届いたサスペンドメールに記載されているTicket ID

 

■ 取引時確認の手続きを行っていない

弊社では犯罪収益移転防止法に準拠するため、アカウントを作成いただいたお客様の本人確認(取引時確認)を行っております。下記の記事を参考にお手続きをお願いいたいます。

犯罪収益移転防止法に準拠するために必要な本人確認書類の提出について
【法人のお客様向け】取引時確認情報の登録方法について
【個人のお客様向け】取引時確認情報の登録方法について

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。