よくあるお問い合わせ (FAQ)

コンソールへログインする時の二要素認証を有効/無効にする方法

Twilioでは管理コンソールにアクセスする際にセキュリティとして二要素認証(2FA)を提供しており、本2FAには2つのオプションがあります。

 

・ユーザー(ログイン時のメールアドレス)毎に2FAを設定にする。
この機能は、プロジェクトでの役割(管理者・開発者・経理)に関係なく、誰でも設定変更することができます。

 

・プロジェクト毎に2FAを設定にする。
この機能は、Twilioプロジェクトのオーナーまたは管理者のみが有効にすることができます。
有効にすると、すべてのユーザーがTwilioプロジェクトにアクセスする際に2FAが必要となります。

 

ユーザー毎に2FAを変更する方法

  1. Tiwlioコンソールにログインします。
  2. ログイン後、User Settings画面(https://jp.twilio.com/console/user/settings)にアクセスします。
  3. 「Enable Two-Factor Authentication (2FA)」項目でいずれかの機能を選択します。
    • Disabled. Do not requrire a verification code(無効)
    • Once per compurter. Trust computers and only ask for verification code every 30 days(30日毎)
    • Every log-in. We'll always ask for a verification code(毎回)
  4. 「Update 2FA Settings」をクリックします。

 

プロジェクト毎に2FAを変更する方法

  1. Tiwlioコンソールにログインします。
  2. ログイン後、一般的な設定画面(https://jp.twilio.com/console/project/settings)にアクセスします。
  3. 「Enable Two-Factor Authentication (2FA)」項目でいずれかの機能を選択します。
    • 無効 認証コードを利用しない
    • コンピューター毎 コンピューターを信頼し、30日毎に認証コードを確認する
    • 毎回 常に認証コードを要求する
  4. 「保存」をクリックします。

 

リカバリーコードについて

認証コード送信先の携帯電話番号を登録した際に、リカバリーコードが画面に表示されます。
このコードは非常に重要なので、安全なパスワード管理ソフトなどでリカバリーコードを保存することをお勧めします。
携帯電話を紛失した場合、携帯電話に送られてくる6桁の認証コードを使用する代わりに、リカバリーコードを使用してプロジェクトにログインすることができます。

 

参照元
- Enabling two factor authentication on your Twilio project

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。